WRINKLE TREATMENTしわ治療

Wrinkle Treatmentしわ治療

しわには、大きく分けて小じわ、大じわ(構造じわ)、表情じわの3種類があります。小じわの多くは肌表面の乾燥によって表皮に現れる「ちりめんじわ」で、比較的初期の状態です。大じわの原因は、主に加齢と紫外線による光老化。なかでも紫外線(UV-A)によるダメージは真皮層にまで入り込み、コラーゲンやエラスチンなどの弾力線維を破壊。これらの線維が皮膚の重力を支えきれなくなることで、大じわが生じるのです。表情じわは、笑ったり、怒ったりするときに、表情筋とよばれる筋肉の収縮(緊張)によって眉間や、目尻、口の横、額などに現れるしわのことです。本来は一時的なものですが、加齢などに伴なって大じわへと進行するおそれがあるので注意が必要です。

しわ治療

しわ治療には、ボツリヌストキシンの治療薬や皮膚注入材(ヒアルロン酸や脂肪)を用いた注射による方法のほか、ピーリング、レーザー、手術などの方法があります。当院ではボツリヌストキシン治療薬、ヒアルロン酸、脂肪注入を行っております。しわの治療はしわのタイプにもっとも適した治療を受けることが大切です。

しわを防ぐために

しわの3大原因とされるのは、加齢、乾燥、紫外線。また、紫外線や大気汚染、ストレスなどによって発生する過酸化脂質も、しわをはじめとする老化現象を進行させる大きな原因となります。そのほか、洗顔やスキンケアのときに力を入れ過ぎることで肌に摩擦を与えたり、自己流のパックやマッサージなどで肌に負担を与えることも、しわの原因になりがちです。内的要因としては、出産後や更年期など女性ホルモンの分泌が急激に低下する時期も、しわができやすくなります。

しわになりやすい肌質や生活習慣は?

乾燥しがちな肌は角質層での水分保持力が低下しやすく、乾燥による小じわができやすいといえます。そこに、加齢や紫外線、酸化、ストレスなどの原因が複合的に重なることで、大じわへとダメージが進行してしまうことも。紫外線対策を怠りがち、不規則な食生活による栄養不足、喫煙や過度の飲酒、睡眠不足などの生活習慣、間違ったスキンケア習慣なども、しわを進行させる原因となります。

当院のしわ治療

当院のしわ治療は主に2つに分かれます。ボツリヌストキシン注射とヒアルロン酸注射です。ボツリヌストキシン注射は主に筋肉の動きを抑える働きがあるので表情じわの改善に使用します。

  • 目を上に上げたときのおでこのしわ
  • 笑った時などの目の横のしわ
  • 眉間のしわ
  • あごに力を入れたときの梅干しのようなしわ

が主な対象となります。

ヒアルロン酸注射は顔の動きに関係のないしわに効果があります。またビスタシェイプ、ヒアルロン酸リフトなどのリフトアップの治療に使用します。