HYALURONIC ACIDほうれい線やこめかみなどのくぼみ治療

Hyaluronic acidほうれい線やこめかみなどのくぼみ治療

ヒアルロン酸治療

ヒアルロン酸は、もともと私たちの体内に存在して潤いを保っている物質なので、皮膚とのなじみがよく、注入材として厚生労働省の承認を受けた製品では、安全が確認されています。適切な部位に適切な注入量・方法で注入すれば、自然な仕上がりを目指すことが可能で、施術を受けたその日から効果を実感しやすい治療です。ヒアルロン酸は注入後、場所にもよりますが、約1年くらいで吸収されていきます。
涙袋
女性らしいふっくらとした目のふくらみはやさしい印象を与えます。涙袋は人それぞれの理想とする形がありますのですこしずづ注入して確認しながら行います。コンタクトは当日からしていただいて大丈夫です。
鼻のヒアルロン酸は鼻筋をきれいに見せることが目的となります。細い針を使用して少しずつ形を確認しながら進めていきます。鼻先を高くするのにはヒアルロン酸は向いていません。
ほうれい線
ほうれい線は幼少期からあるものですが、年齢とともに深くなっていくものです。あまり深くなると上の皮膚がのっかってしまい、たるんでいるように見えてしまいます。ヒアルロン酸でほうれい線周囲を全体的に持ち上げると目立たなくなります。
目の下のくぼみ
目の下のくぼみ、ゴルゴ線などがあると顔に影ができてしまい、ごつごつしたイメージの顔になってしまいます。目の下は皮膚が薄いため、ヒアルロン酸を入れた形状が表面に目立ちやすくなるため軟らかいヒアルロン酸を使用してきます。
唇にボリュームを出す
ぷっくりとした厚い口唇は女性としての魅力を感じさせるものです。またブームは過ぎましたがアヒル口は口唇を前方へ出すことで可愛らしさをだすため、人気です。口唇の厚み、口唇と皮膚との境界へヒアルロン酸を注入することでボリュームある美しい口唇を作ることができます。
こめかみ、頬のボリュームを出す
こめかみや頬のボリュームが少ない部分へヒアルロン酸を注入することではりのあるこめかみや頬を作ることが期待できます。

ヒアルロン酸によるリスク

内出血 涙袋や目の下の注入でおこることがあります。約1週間くらいで黄色くなり肌色へ戻っていきます。仕上がりの左右差 可能な限り左右差がでないように注入していきますが、微妙な差はでることがあります。 アレルギー 当院のヒアルロン酸は厚生省に承認されたアラガン社の製品を使用していますが、アレルギーの可能性は0ではありません。その場合はヒアルロン酸を溶かす溶液ヒアルロニダーゼの注射をさせていただきます。またその後もフォローさせていただきます。

塞栓

ヒアルロン酸が血管につまり、血行障害を起こすことがあります。その場合はヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を溶かすお薬を局所に注射していきます。

厚生労働省から承認の有無

ヒアルロン酸注入材には、日本の厚生労働省が製造販売承認しているものと承認をしていないもの(未承認品)があります。当院では承認されているヒアルロン酸を使用しています。 日本の厚生労働省が製造販売承認した製品は、厳格な基準に沿った審査を経て有効性と安全性が確認されており、厳しい品質管理のもと医療機関に届けられています。